このページでは、Javascriptを使用しています
  • 日本病理学会について
  • 市民の皆さまへ
  • 専門医
  • 病理医への扉
  • 刊行物

HOME > 新着情報 > 【周知依頼】日本腎病理協会 「日本腎病理協会病理研修フェローシップ JAPANESE RENAL PATHOLOGY SOCIETY FELLOWSHIP」 開催のご案内


【周知依頼】日本腎病理協会 「日本腎病理協会病理研修フェローシップ JAPANESE RENAL PATHOLOGY SOCIETY FELLOWSHIP」 開催のご案内

令和6年3月7 日

会員各位
日本病理学会事務局

日本腎病理協会より、「日本腎病理協会病理研修フェローシップ JAPANESE RENAL PATHOLOGY SOCIETY FELLOWSHIP」 開催の周知依頼がございましたので、ご興味のあります方は、下記よりご確認ください。


日本病理学会会員の皆様

 いつも大変お世話になっております。
 日本腎病理協会では若手支援企画、「日本腎病理協会病理研修フェローシップ JAPANESE RENAL PATHOLOGY SOCIETY FELLOWSHIP」 を令和4年度より実施しております。令和6年度も継続いたしますので、ぜひ御検討ください。
 詳細は募集要項を御参照ください。
 また研修協力施設については、研修協力施設施設資料を御参照ください。

 なお日本腎病理協会では、若手支援企画に加えて、さまざまな活動をしています。
 下記のNews Letterを御覧頂ければ幸甚に存じます。
 https://plaza.umin.ac.jp/~arps/newsletter/NL_vol4.pdf

「令和6年度日本腎病理協会病理研修フェローシップ JAPANESE RENAL PATHOLOGY SOCIETY FELLOWSHIP」
【スケジュール】
令和6年4月26日(金)正午 申請書類提出期限
  5月中旬 *フェローシップ採択者発表(最大5名)
      *採択からもれた場合も、希望者に対して、受け入れ施設との連携を仲介いたします。
  6−12月 研修
  12月末  報告書提出期限

【対象】
腎病理診断を集中的に学ぶ機会を求める若手の病理医、腎臓内科医、小児科医で、卒後6年目以降(〜45歳程度)の医師。応募条件として、以下の3つを求める。
(1)日本腎病理協会会員であること(応募時に会員の紹介があれば申請可能。
   ただし、研修終了時までに日本腎病理協会会員になること。)
(2)研修プログラム終了後に報告書を提出すること。
(3)研修終了後、派遣元機関に帰還し研修で学んだことを還元すること。

 申請希望者は、下記事務局までメールでご連絡ください。各種申請書類をお送りいたします。
 多数のご応募をお待ちしております。

日本腎病理協会 学術委員会 若手支援企画WG
 浜松医科大学 卒後教育センター (第一内科・腎臓内科) 大橋 温 (代表)
 産業医科大学 医学部 第1病理学 名和田 彩
 田附興風会 医学研究所北野病院 腎臓内科 遠藤 知美
 東京労災病院 腎臓内科 眞部 俊
 札幌医科大学附属病院 循環器腎臓代謝内分泌内科 長南 新太
 順天堂大学 腎臓内科 高木 美幸

【事務局長】
大橋 温
浜松医科大学卒後教育センター (第一内科・腎臓内科)
〒431-3192
静岡県浜松市中央区半田山1-20-1
Tel: 053-435-2490
Fax: 053-435-2866
E-mail: ohashi-n@hama-med.ac.jp