このページでは、Javascriptを使用しています
  • 日本病理学会について
  • 市民の皆さまへ
  • 専門医
  • 病理医への扉
  • 刊行物

HOME > 新着情報 > 【重要】学術評議員更新制度について


【重要】学術評議員更新制度について

2023年1月16日
日本病理学会事務局

                        
2018年度から2年に1度の学術評議員更新制度が開始し、今年度は学術評議員更新の年になります。
学術評議員の先生方には2023年2月1日から2月28日に会員システム上で学術評議員の更新手続きをして頂く必要があります。

手続きは1分程度で完了できます。速やかにお手続きをお願い致します。
手続き方法は以下のリンクからご覧ください。

*更新されない場合は学術評議員の資格が停止し、役員選挙投票権などの学術評議員としての活動ができなくなります。
*過去に学術評議員で現在は一般会員の先生方も更新手続きにより復帰できますので、ぜひご検討ください。
*定年(65歳)を迎えた先生方は学術評議員の更新はできず、更新ボタンも表示されません。
*更新日時点では定年を迎えていないものの、2023年3月までに定年を迎える先生方は、更新ボタンが表示されますが、更新されないようお願いします。

学術評議員更新の手順はこちら